外来担当医表

薬局

病院薬局の紹介

「薬のことは薬剤師に任せよう」と他部門のスタッフからも言われることを目指してこれまで取り組んできました。
当院では平成12年から入院患者様にベッドサイドで薬の説明をさせて頂いています。
薬剤師がもっと患者様にとって身近な存在になれるよう、これからも努めていきたいと思います。
ご質問、お困りのことなどがありましたら、どうぞご遠慮なくお声かけ下さい。
ご用の際は、看護師にお申し付けいただければベッドサイドまでお伺いします。

調剤業務

調剤業務

医師の処方に基づいて入院患者様の薬を調剤します。
処方に疑問がある場合には医師に確認することも薬剤師の大事な仕事です。患者様毎に薬歴をつけて薬が重複したり相互作用が出ることを防いでいます。

調剤業務

間違いを防ぐため、粉薬を量った日時、担当者指名、薬剤名、分量が紙に印刷され記録に残ります。
また、薬びんに補充する際にも同様にして記録が残るようになっています。

調剤業務

入院患者様の内服薬は、特に希望がない限り、錠剤と粉薬を別々にして1回分ずつ分包し、氏名、服用日時、薬剤名を印刷しています。持参された薬もできる限り服用して頂けるように努めています。

調剤業務

調剤した内服薬は1包ずつ確認します。氏名など印刷された内容が正しいか、錠剤は1錠ずつマークや番号を確認します。粉薬は量が正しいか偏りがないか異物が混ざっていないかなど確認します。

調剤業務

冷所保存(10度以下)の薬はアラームつきの冷蔵庫に、それ以外の薬も室温度管理をして保管しています。
入庫、出庫記録をつける薬は(麻薬・毒薬・向精神剤)鍵をかけて金庫に保管しています。

調剤業務

注射薬は患者様毎に、投与量、投与の仕方、速度、投与期間などをチェックします。1回分ずつ、氏名、投与日をつけたカゴに入れて病棟に払い出します。

服薬指導(薬剤管理指導)

調剤業務

ベッドサイドで患者様に薬の説明をします。
その際には効果が出ているか、副作用が出ていないかなどを確認します。
分かりやすい説明、質問しやすい雰囲気作りを心掛けています。

調剤業務

患者様毎に記録簿を作ります。服用指導の他、持参薬の内容、アレルギー、検査データなど電子カルテに入力しています。

調剤業務

お薬手帳をお持ちですか?
入院の際にはお薬手帳を持参して頂くと、これまでに服用されていた薬が正確に確認できます。
お持ちでない場合、お渡ししています。

調剤業務

退院される際には薬と一緒に薬剤説明書,お薬手帳用説明書などをお渡しします。

治療薬物モニタリング(TDM)

調剤業務

血液中の薬物濃度の推移が計算できるTDMソフトを用いて適切な投与量や用法を設計します。
また得られた血液検査データを基に、効果や副作用を
評価します。

情報の管理

調剤業務

製薬会社からの情報、厚生労働省からの通達など、薬に関する様々な情報を管理しています。
最近はインターネットを通じての情報収集も増えています。
毎月、薬事委員会を開いて医師、薬剤師、看護師、医事課スタッフで採用薬に関する検討を行っています。
また、副作用を防ぐために院内に情報を発信しています。

その他

  • 外来患者様への指導(インスリン指導、希望された場合の服用指導) ー 外来では院外処方せんを発行していますので通常は調剤薬局にて説明を受けて頂きます。
  • 各種委員会(医療安全管理、感染対策、栄養管理、褥瘡対策、輸血管理委員会など)に参加して薬に関する情報を提供しています。
  • 院外の調剤薬局からの問い合わせに対応しています。