外来担当医表

テストページ

This is an example page. It’s different from a blog post because it will stay in one place and will show up in your site navigation (in most themes). Most people start with an About page that introduces them to potential site visitors. It might say something like this:

続いてh2見出しです

[url]

ウェブサイトのナビゲーションは、訪問者が必要とするコンテンツをすばやく見つけるうえで重要です。また、ウェブサイトの所有者が重要と考えるコンテンツを検索エンジンが理解するのに役立ちます。Google の検索結果はページレベルで提供されますが、Google はサイト全体でそのページがどのような役割を果たしているかも把握しようとします。

クリックすると、「ブログ収益化」の記事一覧が表示されます。
読者は、興味のあるカテゴリーだけに絞って記事を読めるので、便利です。

続いてH3見出しサンプル

ウェブサイトのナビゲーションは、訪問者が必要とするコンテンツをすばやく見つけるうえで重要です。また、ウェブサイトの所有者が重要と考えるコンテンツを検索エンジンが理解するのに役立ちます。Google の検索結果はページレベルで提供されますが、Google はサイト全体でそのページがどのような役割を果たしているかも把握しようとします。

ただちに順位アップが見込めるものではありませんが、SEOでアクセスアップを目指すための基礎として、わかりやすいメニュー設定を意識しましょう。

続いてH4見出しサンプル

続いて、アクションフックで実行される関数(create_pages_and_setting)内で、配列($pages_array)にページタイトルとスラッグ、親ページの有無(親があれば親のスラッグ)を、追加したい固定ページに合わせて記述します。
複数ページあるようでしたらその分、配列に追加して下さい。

続いて、アクションフックで実行される関数(create_pages_and_setting)内で、配列($pages_array)にページタイトルとスラッグ、親ページの有無(親があれば親のスラッグ)を、追加したい固定ページに合わせて記述します。
複数ページあるようでしたらその分、配列に追加して下さい。

続いてH5見出しサンプル

固定ページを追加する関数(setting_pages)内で、まずは渡された固定ページのデータ($val)に親ページが有るか判別します。
親ページが存在するようであれば、親のページIDを取得し、加えてスラッグに親のパスを含めるようにします。
その為、親ページと子ページを同時に追加する場合は、親を先に配列に入れておく必要があります。

とスラッグ、親ページの有無(親があれば親のスラッグ)を、追加したい固定ページに合わせて記述します。
複数ページあるようでしたらその分、配列に追加して下さい。

続いてH6見出しサンプル

続いて、アクションフックで実行される関数(create_pages_and_setting)内で、配列($pages_array)にページタイトルとスラッグ、親ページの有無(親があれば親のスラッグ)を、追加したい固定ページに合わせて記述します。
複数ページあるようでしたらその分、配列に追加して下さい。

最後に用意した固定ページのデータを、実際に登録します。
その固定ページがまだ存在していなければ(スラッグで判別)、wp_insert_postにて新規登録。
すでにその固定ページが存在していたら、wp_update_postにて更新。